ウォーターサーバーに使われる水のひとつにRO水があります。RO水は純水に近いもので腐りにくいとされますが、まったく腐らない水ではないことに留意する必要があります。また水を安全に飲むためには水が腐る理由を知っておくことが大切です。

RO水(純水)は腐る?腐らない?長期保存は可能か?水が腐る場合とは?

水は腐るものですが、水の種類によっては腐らないものもあります。

それが純水です。

RO水は純水に近いもので特殊なフィルターを使って不純物を取り除いた水です。

水が腐る理由は不純物の多さや空気中に存在する雑菌などが繁殖することですがRO水では保管状態が適切であれば長期間の保存が可能です。

ただRO水でもまったく腐らないわけではなく、その環境によっては腐るため水が腐る理由を知っておくことが重要です。

そもそも水が腐ってしまう原因は

汚くなった水のイメージ

水は長期間放置すると一般的には腐ると言われます。

しかし、実際のところ水そのものは腐ることはなく飲料水に使うことが難しい状態のものを指します。

自然に存在する水は大気から雨として降り注いだものです。

雨の時点で不純物が混ざり込んでいるため雨水は飲料水としては適していません。

一方で川を流れてきた水も同様で、さまざまな成分が溶け込んでいます。

さらに開放された状態に置かれると雑菌が繁殖してその結果、飲料水として使用すると身体の不調の原因になります。

つまり腐るというのは水が雑菌などで汚染された状態のことです。

一方で水道水の場合には浄水によって不純物を取り除き雑菌を塩素によって殺菌したものです。

塩素が存在するため微生物やウイルスに対しても一定の期間は発生を抑止する効果があり、安全な飲料水として利用することができます。

ただし雑菌の繁殖は気温によって異なり、夏場などには発生しやすくいわゆる水が腐りやすい季節といえます。

ペットボトルなどで売られている飲料水の場合には、完全に密封させることによって雑菌の繁殖を抑えていますが、一度開封すると空気中の雑菌に触れることになります。

特に口を付けて飲むと口の中にいる雑菌がペットボトル内に入り込み繁殖しやすくなります。

このため開封後は早めに飲むことや冷蔵庫に保管するといったことが腐らせないためには必要になってきます。

いずれにしても水が腐るというのは不純物が混ざり込んだり雑菌の繁殖、また微生物やウイルスにより汚染されることで、不純物がまったくない純粋で外部と接触させない状態であれば水は腐らないとされています。

RO水でも保存方法が腐らせないためには必要

保存状態のRO水のイメージ

ウォーターサーバーなどに使われる水の種類のひとつにRO水がありますが、このRO水は高度に浄水された水であり腐りにくく賞味期限も長く保存期間が長いメリットがあります。

RO水はまったく腐らない水というわけではありませんが、その理由は高度に浄水されていることで不純物や微生物、ウイルスなどを取り除いてあるものです。

RO水の仕組みとしては逆浸透膜と呼ばれる特殊なフィルターを使って水の分子以外の物質をろ過したものです。

このさいに髪の毛の約1000万分の1である0.0001ミクロンの極小の穴を通してろ過するため、この大きさを通る事が出来ない物質はすべて取り除かれます。

このため水が腐る理由のひとつである不純物を可能な限り少なくすることができます。

この方式は家庭用や業務用の浄水器などにも使われているものですし、また海水の塩分を取り除くことも出来るため降水量が少なく大きな川がない海に面した地域においても淡水化装置にRO水の方式が使われています。

RO水が長持ちするのは、天然数が未開封で約6ヶ月の賞味期限で開封後2週間というものが多いのに対してRO水は約12ヶ月で開封後は約1ヶ月というものが多く天然水よりも2倍も保存期間が長いということにも現されています。

ただ、ここでポイントとなるのは未開封であることで、何かの理由で空気に触れる状態になると保存性は落ちます。

不純物が少ないので雑菌の繁殖が遅いメリットがあるものの空気に触れることで雑菌が繁殖することになります。

また完全に密封されているといっても温度の影響も受けるため冷暗所での保存を守る必要があります。