RO水はRO膜という特殊なフィルターを活用して、不純物を取り除いた純粋な水です。放射性物質は含まれていませんので、放射能が及ぼす健康被害が心配な人にもおすすめします。

RO水(純水)は放射能汚染の心配はない!ろ過され安全性が保たれている

ウォーターサーバーでは自然から採取された天然水を利用することが一般的なのですが、さらにRO水(純水)の提供を行うウォーターサーバーメーカーが多くなっています。

RO水はRO膜という特殊なフィルターにより分子レベルでろ過した水のことであり、不純物を除去した純粋な水であることが特徴となっています。

RO水はヨウ素やセシウムなどの放射性物質による、汚染が気になる人にもおすすめだといえるでしょう。

RO水で放射性物質の影響を排除しましょう

原子力発電所

2011年の地震と原子力発電所の事故以来、食べ物や飲み物に含まれる放射性物質の影響が気になる人が増えているようです。

放射能が健康に及ぼす被害については、外部被ばくと内部被ばくの2種類があげられます。

外部被ばくとは外部から放射能の影響を受けることであり、大気中に存在する放射性物質を体表面に浴びることで生じるものです。

外部被ばくについては衣服を取り換えることや身体を洗うことにより、健康に及ぼすリスクを軽減することができます。

一方の内部被ばくとは内部から放射能の影響を受けることであり、主に身体に取り入れる食べ物や飲み物に蓄積された放射性物質や、さらに呼吸の際に肺に取り込まれる大気中の放射性物質などにより、健康にリスクを及ぼします。

内部被ばくについては取り込まれた放射性物質が身体の中に蓄積されることや、一度身体の中に取り込まれてしまうとその後の除去が難しいことなどにより、外部被ばくよりも大きな被害を及ぼすことになります。

私たちが生きていくためには食べ物や飲み物を摂取することが必要不可欠であり、特に飲用や調理の材料として活用される水の安全は重要な問題だといえるでしょう。

美味しいことはもちろんですが、さらにしっかりとした安全性が確保された水を用意することが健康のための重要なポイントになります。

放射性物質の影響が気になる人は、RO水の活用を検討してみてください。

RO水は人工的に作られた安全性の高い水であり、不純物をろ過した純粋な水であることが特徴となっています。

放射性物質は一切含まれていませんので、健康への悪影響を排除することができるのです。

RO水に放射性物質などの不純物は含まれていません

RO水のイメージ

RO水は一般的な水道水などを材料として、RO膜という特殊なフィルターで不純物をろ過することにより、人工的に作られた純粋な水です。

ろ過作業は分子レベルで行われるため、塩素や細菌やウイルスなどの成分や、ダイオキシンやホルムアルデヒドなどの環境ホルモンはしっかりと除去されています。

さらにヨウ素やセシウムなどの放射性物質が完全に除去された、安全性の高い水にとなっているのです。

ウォーターサーバーで使われるRO水は工場で不純物を完全に取り除き、さらにしっかりと密閉された専用のボトルで家庭へと配送されますので、放射性物質による汚染の影響を気にすることなく安全性の高い水を手軽に利用することができます。

特に健康への影響が懸念される小さなお子様のいるご家庭や赤ちゃんのいるご家庭などには、RO水を利用するウォーターサーバーが最適だといえるでしょう。

その他にRO水には天然水と比較して、価格が安いというメリットがあります。

RO水は主に工場において水道水を加工して作られるため、原材料価格が安く安価で一般家庭に提供することができます。

一方の天然水は採取地における採取のためのコストや、採取地から工場まで運ぶための運送コストなどがかかるため、RO水と比較すると割高になります。

天然水には自然のミネラル成分がたっぷりと含まれることや、水そのものが美味しいといったメリットがありますが、安全性の高さやコストの面においてはRO水のメリットが大きくなります。

ウォーターサーバーを導入する際には自分が何を求めるのかを事前に明確にして、最適な種類の水を選択することをおすすめします。